読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の-10kgダイエット

健康的に美しく痩せるために大切なことは?体が喜ぶダイエット方法を紹介します。

アダチャはやれんのか?

「プレミアム酵母」でデブ菌撃退!?その理由を暴露

腸内フローラ改善

 

最近よくメディアなどで耳にするようになった、

「デブ菌」という言葉ですが、

いったい何のことなのか?と思ったことはありませんか?

 

デブになる菌があるのかな?

あまり体に良くない菌のことかな?

太る菌なら除去したい!

 

そう思うところですよね。

 

という方の代わりに、「デブ菌」について徹底調査してみました。

 

【デブ菌とは・・・?】

デブ菌とは、腸の中にいる最近のことです。

腸内の細菌環境のことを、腸内フローラといいますが、

その中でも、消化されたものを体内にため込んでしまう菌のことを言います。

 

通常ならば必要のないものまで、体内にため込んでしまう菌なのです。

 

菌というからには、どこかから感染してしまったのかな?

と思うところですが、

遺伝的に感染することはあっても、他人に感染してしまうということはありません。

 

デブ菌は誰でも持っている菌なのです。

理想的なデブ菌と痩せ菌の比率は4:6

この比率になるためには、何をしたらよいのでしょうか。

 

 

 

 

【デブ菌を減らす方法】

1、納豆を食べる

デブ菌を減らすために最も有用な食材として、お昼のテレビ番組バイキングでも紹介されました。

もちろん、納豆を食べなくても痩せている人はいます。

そういう人は、納豆を食べなくても、普段の食事や生活習慣で、デブ菌が増えにくい生活が出来ていることが考えられます。

 

しかし、手っ取り早くデブ菌を減らしたい!

というのならば、まずは手軽に始められる「納豆」を取り入れることが効果的です。

 

f:id:haruzion88:20160411114739j:plain

 

2、善玉菌を増やす食材を取り入れる

オリゴ糖

食物繊維(野菜、果物、海藻など)

・乳酸菌

・発酵食品(ぬか漬け、味噌、醤油、納豆、ヨーグルトなど)

 

これらの食品を取り入れることで、腸内フローラが整います。

すると、デブ菌よりも痩せ菌の方が活発になり、痩せやすい体質になるのです。

腸内環境が乱れていたも、これらを取り入れた食事と生活を見直すことで、

4日ほどすれば腸内細菌の比率変わり、デブ菌を減らることができます。

 

 

 

3、食事の間隔に気を付ける

だらだら食べ物を食べ続けることは良くありません。

基本的に人間は、4~5時間以上の間隔をあけて食事をするのが良いとされています。

食べ過ぎることも体に悪く、調子が悪いな、食欲がないな、というときは絶食をすれば大半の症状は良くなります。

 

現代社会は飽食といわれており、食べ過ぎによって病気になり、不快症状が起きているのです。

 

また、空腹になる時間がないと、肥満を促進させる菌(デブ菌)が増えるという報告がアメリカの大学から出ています。

 

食事の前には空腹になりましょう。

空腹は白血球の働きを活性化し、免疫力が上がります。

病気の予防にもなり、腸内フローラを整えることもできるので、

 

食べる時間を考え、ダラダラ食べないようにする。

不調な時は絶食をする。

 

ということを行ってみましょう。

 

 

4、デブ菌を減らすためのサプリを取り入れる

デブ菌を減らしてダイエットをしたい人のためのサプリメントがあるので、

これらを活用する方法も、簡単で効果的です。

 

今やシリーズ累計1億食を突破している、

プレミアム酵母では、特殊製法により、生きている酵母菌が

体の中で痩せ菌となって、デブ菌を撃退してくれるのです。

 

そのため、自然と痩せやすい体質へと導いてくれるのです。

 

プレミアム酵母